お客様からのお声

色々使える結び方

ご意見・ご感想
風呂敷は色々なものを包むことが出来ます。
それ以外にも様々な包み方をすることが出来るということで、
最近は海外でも人気があるということです。

基本的な結び方をマスターしておくだけで、形の難しい
お酒などのビンも包むことが出来るので贈り物にも便利だといいます。

基本的な結び方である、真結びとひとつ結びをまずはきちんと覚えましょう。

真結びの方法は、風呂敷の両端をそれぞれ持ち左手に持っているものを後ろにして両端を交差させます。
左手のものを右手のものに巻きつけるように前に倒してから右手のものの下をくぐらせ、
後ろにし右手のものを左に倒し、左手のものをその上にかぶせましょう。

基本の使い方

かぶせてできた輪に下から左手のものを通して両端を引っ張ったら完成です。

ひとつ結びは簡単です。まず端を持って輪を作ったら、手前から輪をくぐらせ、
後ろへ通しその先を引っ張って出来上がりという風に基本はとても簡単なものが多いといいます。

箱などを包むときの風呂敷の使い方はいくつかあります。

まず一番シンプルな平包み、お使い包み、隠し包み、四つ結びという方法です。
たとえば、お使い包みは包むものを風呂敷の中央に置き手前の端をかけて箱の下に折り込みます。

箱を包む

奥の端をかぶせて余った部分は下に折り込んで、左右の端を中央で真結びをして出来上がりです。
簡単ですが見た目がとてもよいので、リバーシブルの風呂敷を使ってもきれいに見えます。

長いものを包むときには、二つ結び、竿包みや巻き包みなどがあるのですが、
その中から筒状のものを包み運ぶ時の包み方を覚えておくと便利です。

包むものを中央に置いたら、手前の端をかけて巻いていきます。
最後まで巻いたら左右の端を中央に引きよせて、交差させ手前と奥に引っ張りながら
裏側へ回しましょう。ひっくり返して真結びをしたら完成です。

このように形によって包み方を変えることが出来ますが、最近はおしゃれにバッグとして
風呂敷を使う人もいるといいます。バッグのよいところは入れたいものの大きさ、
形に合わせてバッグの形状を変えることが出来るところです。

形を崩せば元通り一枚の布に戻るのもいい、と海外からも人気があります。