お客様からのお声

到着日がお急ぎであったお客様

ご意見・ご感想
昨日、商品が届きました。 お陰さまで、娘の出発に間に合いました。
とても素敵な風呂敷でした。いろいろな用途で使えるので
外国の方にも喜んでいただけると思います。

迅速な対応ありがとうございました。 また、よろしくお願い致します。

広島県 S・K様

→ご要望に応えることができてこちらもうれしかったです。  
プレゼントされた方が喜んで頂けることを願っております。


基本の結び方

風呂敷は使い方次第で色々なことに活用することができるとして注目されています。
風呂敷を使いこなすには基本的な結び方が二つあり、この二つを応用することによって
どんなものでも包むことができます。

基本的な結び方の一つが「真結び」です。
この結び方は一度結べば解けない結び方になります。

やり方としては両端をそれぞれ持ったら、右端を後ろにして両端を交差させます。
左端を右端に巻き付けるように前倒ししてから、右端の下をくぐらせて後ろにし、
右端を左に倒して左端をその上からかぶせます。基本の結び方

かぶせてできた輪の下から左端を通して、両端を引っ張って完成です。

「ひとつ結び」は真結びと併用することによって包み方のバリエーションを広げることができます。
端を持ったら、輪を作ります。手前から端を輪にくぐらせて後ろに通して、先端を引っ張ったら完成です。

このように基本となる風呂敷の結び方は簡単ですが、その他にも包み方はあります。
結び目のないスタイルもあり「平包み」という方法は、一番シンプルですが、
一番格の高い包み方になります。

やり方は簡単で、風呂敷の主柄を置くにして裏返しに広げて包むものを中央に置きます。

奥の端をかけて仕上がりに柄の見え方を確認しながら包むものの位置を調整します。
綺麗に柄が見えるところに置いたら端を一旦戻して、手前の端をかけて箱の下に折り込みます。

次に角の重なりを整えながら左端をかけ、同様に右端もかけます。
最後に、奥の端をかけて中身の幅に合わせるように整えたら、先端を下に巻き込んで完成となります。

包む位置

箱だけではなく、長いものを包んだり、瓶などを包むことも基本的な結び方を
応用することによってできますが、他にも包む方法や結び方は色々なものがあります。

包むものの形状や大きさ、重さに合わせて包み方を工夫することによって
色々な場面で活用することが可能です。

また、結び方を変えればバッグとしても活用することができるなど便利なアイテムとなっています。